クレジットカードを作る際の注意点

クレジットカードにはいろいろな種類のカードがありますが、まずは何よりもクレジットカード審査に通ることが第一になります。

仮にクレジットカードの申し込みをしたのに、審査に落ちてしまった場合・・・、申し込みの記録として信用情報機関の記録に残ってしまいます。

さらに、短期間のうちに何社もの審査に落ちてしまうと、申込みブラックという状態になってしまい、「どこのクレジットカードも作れない」、ということになるかもしれません。

まず、一般的に、銀行系クレジットカードは審査が厳しいといわれています。一方で、流通系クレジットカードは、銀行系に比べれば審査は柔軟に対応してくれそうです。

さらに、審査基準が緩い、いわゆる、審査が甘いクレジットカードといわれているのが、消費者金融が発行するクレジットカードになります。

クレジットカード審査では、職業形態を重要視しているカード会社が多いので、主婦や学生、派遣などで働いている人は、こうしたところに申し込むことをお勧めします。

はじめに、消費者金融系のクレジットカードを申し込んでおき、クレジットヒストリーを作った上で、本命のカードに申込というのが賢いやり方かもしれません。

なお、消費者金融系以外でも、作りやすいクレジットカードはいくつかあります。その代表といえるのが、テレビCMでもお馴染みの楽天カードです。

審査も柔軟で、主婦や学生はもちろんのこと、自営業者の人でも審査に通っているようです。入会金・年会費は無料、ネットショッピングをよく利用する人には特にお勧めです。

クレジットカードの審査って?

クレジットカードは、申し込んだからといって、誰でも作れるというわけではありません。それは、クレジットカードを申し込んだ人の信用情報を調査するクレジットカード審査があるからです。当然ながら、審査に落ちれば、クレジットカードを発行することはできません。

クレジットカードに限らず、キャッシングやローンなどの信用取引というのは、基本的に必ず審査が行われます。基本的にはどの信用取引でも審査というのは、契約の際に提示する氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先などの情報から、申込者の返済の能力・意思、また、負債や担保の有無を図ります。

一般にクレジットカードの審査基準というのは、「属性」と呼ばれる各種項目のスコアリングと信用状況によって決まります。属性とは上記で説明した、職業や年収、年齢といったもののことで、言うまでもなく大切な属性になってくるのが職業や年収になります。

この属性は、家族や家の形態の他に固定電話の有無といったことまで考慮されます。連絡がとりやすく、簡単に生活を手放すことができない人ほど属性は良いとみなされます。もう1つ、大切なのは信用状況です。これは、返済の能力・意思に直結しています。

信用状況は、信用情報機関というところに問い合わせて確認するのですが、クレジットカードを利用して、過去に借金延滞などがある場合には、いわゆるブラックリストに載っている可能性があります。

このブラックリストに一度載ってしまうと、5年くらいはその情報が残ってしまいますから、基本的に、クレジットカードは作れないと思ってください。なお、審査基準はクレジットカードによって異なります。

銀行系のカードはおおむね審査基準がやや厳しめというのが相場になってるからです。最初は、流通系カードや消費者金融系カードなどで信用状況をよくしていき、それから上位のカードを申し込むという流れを作っている人が多いのはそのためです。

若い方は、若い方向けのクレジットカードや学生カードなどでクレヒスを作っておくと早い段階でステイタスの高いカードを持ちやすくなります。ゴールドカードの所有者に早くなりたい時は、そのカード会社のスタンダードカードを持っておくというのが定石です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする