クレジットカードの海外旅行傷害保険

ゴールデンウィークや夏休みなど、まとまった休みが取れた時はどんな過ごし方をしますか?最近では特に、海外旅行に行くという人もいるでしょう。海外旅行は何もトラブルがなければ、楽しい旅行で終わります。ただ、予測しなかったことが起こりうる場合もあります。

例えば海外旅行先で病気になったとしたらどうしますか!?海外で病院にかかる場合、日本の健康保険はもちろん使うことができません。自費で支払うことになりますが、外国の医療費は高いところが多いと聞きます。

そのようなトラブルに備えて、入っておくと安心なのが海外旅行傷害保険です。海外旅行傷害保険に入っていれば、海外で、もし病院にかかったとしても、治療費が補償されます。

その他、海外旅行傷害保険は海外旅行先でのいろいろなトラブルに対応しています。例えば、病気や怪我で動けない時に家族に来てもらわなければならなくったとします。

家族の交通費や滞在にかかる費用の補償を受けることもできるのです。こんなことも海外旅行では起こります。そう、盗難です。海外では場所によっては、日本のように治安が良いところは少なく、盗難事件が頻発しています。

もし、高価なものを盗まれた場合も、海外旅行傷害保険に加入していれば、補償を受けることができます。では、海外旅行傷害保険に加入するにはどうすればいいのでしょうか。もちろん、旅行会社や空港で加入することができます。

でも、クレジットカードを発行するとき、もしくは持っているのなら、クレジットカードに何か付帯されているものは無いかを確認しましょう。海外旅行傷害保険がクレジットカードに付帯されているかもしれないからです。

ただ、注意したいことがあります。もし海外旅行傷害保険が付いていても、全てが補償されるとは限らないからです。クレジットカードに付いている海外旅行傷害保険の補償内容をしっかりと確認して、足りない補償は他で加入することで補うようにしましょう。

少ない利用額で高還元と付帯保険を得る方法

クレジットカードを持っていても、あまり使わないという人も少なからずいるかと思います。

でも、せっかくですから、クレジットカードを使うときは、少しでもお得に使いこなしたいですよね。そこで、クレジットカードの利用額が少ない人でも、1%の高還元に、そのうえ、自動付帯の保険も得られるという方法を紹介したいと思います。

その方法とは、クレジットカードを2枚持つことで実現できるんです。たとえば、ポケットカード(P-oneカード)と三井住友VISA(クラッシクカードA)を組み合わせて説明します。
このカード2枚持ちの方法では、メインに利用するクレジットカードとしてポケットカードを、そして、サブのクレジットカードに三井住友VISAカードと考えて下さい。

これは、決済をするごとに割引されて、ポイントの有効期限を気にする必要がないP-oneカードに、三井住友VISAクラッシクカードの保険を増強するという方法になります。

ポケットカードことP-oneカードは、還元率の高いポイントモールのP-oneモールが利用可能ですし、1%割引とは別にポイントも還元されます。そして、三井住友VISAクラッシクカードAは、最高300万の旅行損害保険が海外だけでなく、国内でも自動で付帯されます。(カード利用付帯は最高2000万)。

当然ながら、サブカードとなる三井住友VISAカードを利用する機会は少なくなりますが、マイ・ペイすリボに登録することで、毎年1回のカード利用があれば年会費は無料になるんです。さらに、毎月一括払いの設定にすることで、リボ手数料も発生しません。

これで、リボ設定を上手く活用して、年会費が節約できるわけです。クレジットカードを2枚組みで考えて、カードを利用する・・・クレジットカードの利用が少なくても得をする、まさに、賢いクレジットカードの使い方ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする