クレジットカードの利用限度額と返済方法

クレジットカードは現金がなくても買い物できるという、とても便利なアイテムですが、いくらでも使えるというわけではありません。

クレジットカードには、利用限度額というものがあるからです。その利用限度額は、どのクレジットカードを使っても誰でも同じ額かといったら、そうではなく、カード会社やクレジットカードの審査によって、それぞれ違ってきます。

あと持っているカードの種類によっても限度額がは全然違ってきます。ただ、クレジットカードを良く利用し、毎月、決った支払い(返済)を遅らせることなく、誠実に実績を重ねていることが最低条件となりますが、利用限度額が上がる場合もあります。

なお、クレジットカードを利用した場合、いろいろな返済方法の中から条件がない限り、自由に選択することができます。たとえば、高額の買い物をした場合は、クレジットカードの返済方法は分割払いを利用する人が多いと思います。

もちろん、分割払いにすると定価よりも少し高い料金になってしまうので、その商品を買えるだけの金額を持っていれば一括で支払えるのですが、かなり高額の買い物では難しくなります。高額商品の場合、

何回かに分けて代金を支払うことができるクレジットカードを持っているからこそ、買い物ができるわけです。私は、買い物をする場合、よくイトーヨーカドーを利用します。そのため、セブンカードの申し込みをしました。

食料品・衣料品・住まい用品などが、5%割引になりますからね。セブン-イレブンもよく利用するので、ポイントもお得にたまります。お得にクレジットカードを利用したいと思うなら、自分にあったクレジットカードを選ぶことも大事になります。

何はともあれ、クレジットカードの分割払いは、大変便利ですからね。今後も、上手にクレジットカードを利用していきたいものです。

クレジットカードのデメリットって何?

クレジットカードって、持っていると大変便利ですよね。買い物をするときをはじめ、旅行に行くときなど、クレジットカードは、いろんなシーンで活躍してくれます。

でも、クレジットカードにだって、デメリットはあるんですよ!それでは、クレジットカードのデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

まず、クレジットカードのデメリットの1つは、金銭感覚が無くなることでしょうね。たとえば、買い物をする場合、現金で支払えば財布と相談しなきゃならないときがありますからね。

けど、クレジットカードで代金を支払ってしまうと、自分でいくら使ったのかを忘れてしまうことがあります。また、支払いをお金ではなく、カードで支払っていると、何となく、いくらでも使えるような気分になってしまうところもありますしね。

でも、それぞれカードの種類やランクによって、使える金額を決まっているわけだし、それこそ、クレジットカードを利用していいのは、自分が支払える範囲だけです。無理をすれば返済ができなくなり、ブラックリストに載る可能性だってないとはいえないですからね。

クレジットカードを使うのであれば、自分でいくら使ったか必ず認識しておいたほうがいいでしょう。金銭感覚が麻痺して大変なことになる前に自分にブレーキをかけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする