クレジットカードが作れない

クレジットカードを申し込んだのに作れない・・・これは、クレジットカードの審査に通らないのが一番の原因となるわけですが、どうして、審査に通らないのでしょうか??

もちろん、審査基準が満たされていないわけですが、クレジットカードの審査基準にもいろいろな要素がからんでいます。まず、年収が少なくて審査に通らないケースがあります。

また、年収はある程度あっても、派遣やアルバイトなど「不安定」とみなされていたり、年齢が若いなど、年収以外の点がネックとなり、審査に落ちている場合もあります。

ただ、これらの理由で審査に通らなかった場合、審査が厳しい銀行系ではなく、審査に通りやすい流通系や消費者金融系のクレジットカードに申し込むことで、発行できる可能性があるんですよ。例えば、消費者金融系カードで、アコムマスターカードがあります。

消費者金融系とはいっても「マスターカード」と提携しているので安心ですし、アルバイトやパートでも申し込み可能なんです。消費者金融系以外では、楽天カードも審査に通りやすいカードといわれています。

特に、楽天でネットショッピングをする機会のある人には、かなり使い勝手がいいカードだと思います。フリーターや派遣、自由業などでは、なかなかクレジットカードが作れないというイメージがありがちですが、一定の収入があれば、決してもてないわけではないのです。

しかし、問題なのが、過去に「自己破産」歴がある、多重債務に陥り消費者金融の返済期限を守れなかったことがあるといった場合は、かなり厳しいかもしれません。

クレジットカードの審査というのは、「返済の能力、返済の意思がある人」を見極めているわけですから、キャッシング同様に、まず通らないと考えたほうがよいでしょう。

クレジットカードの審査項目見てみよう

クレジットカードを作る時には、必ず審査というものがあります。

カード会社やカードの種類によって審査基準は変わってきますが、いったいどのようなことが審査されているのでしょうか?クレジットカードが申し込まれ審査が行われる際は、いろいろな項目にそって進めていきます。

では、クレジットカードの審査項目にはどのようなものがあるんでしょうか!?まず、当然ですが申し込みをした本人の名前は必要になります。名前といろいろな情報を組み合わせることによって、個人のいろいろなことがわかるわけです。

組み合わせる項目としては、性別、生年月日、住所、電話番号などをはじめとする情報になります。これらの項目は審査の対象となるわけです。

そして、収入についても、もちろん審査されます。これは、カード会社やカードの種類によっても審査基準が変わってくる項目でもあります。

ただ一般には、今現在、きちんと仕事に就いているかどうか、仕事をしている場合の雇用形態といったところは、必ず聞かれる情報になります。場合によっては、何年くらい現在の仕事をしているかなど聞かれることもあります。

また、家族構成や結婚しているかなど、審査されることもあります。その他にも、カード会社やカードの種類によって、審査される項目はいろいろあるようですが、これらの審査項目をクリアすると、クレジットカードが発行されるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする